blogfacebookinstagramfollow



3.長町南 5.小木曽 淳司

【髪をキレイにするには?】ダメージはなぜ起こるのでしょうか?

 

img_2961

「髪をキレイにするには?」

永遠のテーマです。

では髪のダメージはなぜ起こるのでしょうか?

◯物理的な原因

ブラッシングや就寝時など髪の摩擦で表面を傷つけていく。

◯熱によるダメージ

ドライヤーやヘアアイロンなどに熱によるダメージ。

髪の主成分の「たんぱく質」は熱に弱い。

◯紫外線

紫外線は髪の中の「アミノ酸」を「酸化」させて内部からダメージさせます。

◯薬剤

ヘアカラーやパーマなどの薬剤は髪の表面の「キューティクル」や内部の「たんぱく質」に化学的変化を起こすのでアフターケアを怠るとダメージの要因となる場合があります。

◯髪のダメージまとめ

以上の4つが主な髪のダメージの要因です。

ダメージした髪は

・表面の「キューティクル」が傷つく。

・内部の「たんぱく質」が変化、または損なわれる。

 

img_2973

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

plusaltra

PLUSALTRA

美しいヘアスタイルから頭皮のケアまで、
健康でキレイな髪をあなたへ
仙台・山形で美容室を展開しているプラスアルトラグループ



CONCEPT

イスパニア( 現在のスペイン)が、海洋の探検に通躍していた頃の話。
当時のイスパニアの貨幣には"PLUS.ULTRA"
「その向こうには、まだある」と刻み込まれていました。
この一句の中には無限なものへの強烈なあこがれ、
思いもかけぬ新しい地平線や、新世界発見への意欲が込められています。
そんな気持ちを忘れずに大切にしようと、社名に致しました。

-3.長町南, 5.小木曽 淳司

© 2021 プラスアルトラグループ