美しいヘアスタイルから頭皮のケアまで、 健康でキレイな髪をあなたへ 仙台・山形で美容室を展開しているプラスアルトラグループ

プラスアルトラグループ

未分類

抜ける仕組み

更新日:

頭皮の場所ごとに毛の男性ホルモンの感受性が決められている。 別の実験で、ハゲやすい前頭部の頭髪と、ハゲない後頭部の頭髪を交換移植をしたら、後頭部から前頭部に移植した頭髪はそのままで、前頭部から後頭部に移植した頭髪はハゲてしまいました。(ドナーの性質が現れるために、これをドナー・ドミナントと言います)ということは、同じ人でも場所によって毛と男性ホルモンとの関係は異なり、頭皮の場所ごとに毛の男性ホルモン感受性が決められており、その性質は植え替えられても変化せず、新しい場所の毛と同じ感受性は示さないという性質を持っていると考えられるのです。 

男性ホルモンが受容体とくっついてハゲる。 

男性ホルモンは男性の場合、睾丸で作られることと、女性にほとんどハゲがいないということも男性ホルモン説の根拠とされていました。しかし、若ハゲの人とそうでない人の血液中の男性ホルモン(テストステロン)量を調べた結果では差が無かったことから男性ホルモンの量と若ハゲは無関係と分かり、次に出てきたのが男性ホルモンに対する感受性の高い人が禿げるのではないかという説で、男性ホルモンは細胞に直接働きかけることはできず、まず細胞にある受容体(レセプター)とくっつく必要があるのです。 

受容体の働きは頭髪とヒゲでは正反対 

だからハゲるかどうかの鍵はこの受容体にあるのではないかと考えられるようになってきました。研究者が探したところ、問題の受容体は頭髪やヒゲの毛乳頭に存在することが確認されたのですが、若ハゲかどうかにかかわらず皆同じ位に受容体があることがわかり、男性ホルモンはヒゲを濃くするのに対し、頭髪にはなぜか反対の働きをするというように、同じ受容体でも正反対に働いていたのです。 

ハゲのメカニズムはまだ謎だらけ 

男性ホルモンは前頭部や頭頂部の細胞に対し、どのようなメカニズムで、どのように作用するのか、また、男性ホルモンに感受性をもつハゲの家系の人にのみなぜハゲが起こるのか、細胞の感受性の違いはどのようになっているのか……。このようなことになると残念ながらまだはっきりとは解明されていないことが多いのです。 

5-α-リダクターゼという還元酵素が鍵を握っている 

そこで男性ホルモンに働く5-α-リダクターゼという還元酵素が鍵を握っているのではないかとの説が登場してきたのです。それは受容体にくっついた男性ホルモンはそのままでは活性がなく、酵素がホルモンを還元することにより、活性化した5-α-DHTとなり、細胞の分裂を阻止することにより初めてハゲてくるというのです。

   
  

-未分類

Copyright© プラスアルトラグループ , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.