美しいヘアスタイルから頭皮のケアまで、 健康でキレイな髪をあなたへ 仙台・山形で美容室を展開しているプラスアルトラグループ

プラスアルトラグループ

未分類

佐藤からのお願い

更新日:

こんにちは( *`ω´)

佐藤から大事なお話があります

佐藤は日常的にホームカラーをされてる方や、ブリーチカラーをされている方のパーマ及び縮毛矯正の施術をお断りするコトがございます

その理由は下記の文を読んでいただきたい

結構な確率で皆さんが勘違いしているのが

ヘアカラーは 毎回 毛先まで

きちんと 染めないと いけないんじゃないの?
んーなるほど

答えは・・・

そんな事は ありません!

◎ヘアダメージを気にするなら

根元の新しく生えてきた部分だけ

染めたほうが 髪の傷みは 少ない。

ヘアカラーの薬剤は 髪の毛を痛めます。

すでに染まっている毛先の部分まで 毎回染めていると
その部分は 何回も染める事になり

髪の傷みは 増加していきます。
ホームカラーなど
家庭で気軽に染めれるヘアカラーは

自分で 新しく生えた部分のみ

きれいに塗布することは まず不可能じゃないですか?
だから

ホームヘアカラーの場合は

毛先まで 毎回染める人が多いです。

すると ダメージ以外にも

色々な弊害が出てきます。

◎明るい色に白髪染めしたいけど

毛先部分が 真っ黒になってしまう。
たまにいますよね~
根元部分だけ 明るく染まっていて

毛先部分は 真っ黒になってる人・・・

白髪染めというのは 白髪を染めるために

明るめの色味でも 茶色の色素ってのが

多めに配合されてます。。

いくら 茶色の色味でも
何回も 上から 染めていくと

暗くなってしまうんですね~。
だから

明るめの色で 白髪染めをする場合は

毎回 毛先まで染めていると

回数を重ねるごとに ドンドン暗くなっていってしまいます。

◎どうしても 塗りムラがおこり

パーマや縮毛矯正などに 悪影響を及ぼします。

ホームカラーしていくと
どうしても 毎回毛先まで染めたり

頭の前の部分やトップの部分なんかを

何度も染めたりするので

どうしても ダメージのムラが起こります。

そんな状態に パーマや縮毛矯正をすると・・

パーマや縮毛矯正なんかは

その髪の状態(ダメージ具合や髪質)にあわせて

薬剤の強弱を調整して 施術していきます。

んで

ホームカラーで 自分で

ムラ塗りをしていると・・・

多くの方が


  

  

こんな感じで 顔周りやトップ部分が

ヘアダメージが激しくなり
あまり ヘアカラー剤を塗らない

バックなどの 下の部分のダメージが少なくなります。。

それに 加えて

毎回 毛先まで染めていると

  
  

とこんな感じで

1本の髪の毛で 根元と毛先のダメージ差が激しくなるんですね。。

理美容師さんが パーマや縮毛矯正なんかをするときには

ダメージが少ない → 強い薬剤
ダメージが激しい → 弱い薬剤

って感じで かかりの調整をするんです。
んじゃ 上の図のように

頭の部分でダメージ差 や 1本の髪でもダメージ差がある場合

ダメージが少ない髪質に パーマ剤をあわせると

ダメージ部分は チリチリとかビビリとか

極端にダメージしてしまうんですね~。。

逆に ダメージが激しい部分に 薬剤をあわせると

髪の傷みが少ない部分は

パーマがゆるくしかかからない とか

縮毛矯正なら クセ毛が伸びない!

な~んて 結果になるんですね。。。

ヘアダメージが
全体でムラ 一本の髪でもムラ

これを 完璧にあわせる事なぞ

まず 出来ない事なんですね。。

だから

毎回 きちんと 根元部分を全体に均一に

リタッチでヘアカラー剤を塗布出来る

プロ美容師のテクニックが必要なのです♪

以上お分かり頂けましたでしょうか?

一生懸命頑張りますが、佐藤の努力だけではキレイなヘアスタイルは作れないんですね…

美容師とお客さんの協力があってこその素敵なヘアスタイルだと思うのです

以上でございます。

-未分類

Copyright© プラスアルトラグループ , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.